NEWS

観葉植物のスマホケース「False Flower」一風変わったボタニカル柄で、大人の品格を演出。

春の陽射しと雨風に揺られながら、いよいよ桜の開花が待ち遠しい季節になってまいりました。

生命溢れる春の始まり。

観葉植物でも飾って、春を喜ぶ植物とともに読書を嗜んだりして過ごしたいですよね。

でも、観葉植物って、大きくて重そうだし、日々の世話も難しそう!

まず、置く場所が無いし。。

なんていう方も、多いのではないでしょうか。

私も家庭菜園を趣味としていますが、なかなか水やりや肥料の加減は難しいもので、それぞれの植物の環境にあったお世話の仕方を勉強しながら試行錯誤しています。

そんなあなたに、こちら。

手帳型スマホケース「False Flower」

こちらの作品は、アートフォトをスマホケースにしたものです。

高知県の牧野植物園にて撮影したヒポエステスの写真を、特殊な方法で現像いたしました。

色相をずらし現像することで、世界に唯一の艶やかな紫色を実現しています。

ヒポエステスとは、葉っぱの中に白やピンクや赤の斑点が入り、浮かび上がる葉脈の美しさで人気の観葉植物です。

このヒポエステス!育て方に少々難ありです。

日当たりの良い場所もしくは明るい日陰、ただし直射日光は葉を痛める恐れあり!

さらに日光の影響で葉の色が変わります。

夏の間は毎日水やりが必要で、冬の間は乾かし気味にします。

土はあまり選びませんが、根が詰まると枯れるので、2年程ごとに植え替えが必要です。

...ヒポエステス。可愛らしくもあり、品性も感じる、葉脈の美しい観葉植物。

でも、初心者が育てるとなると、「なかなか」の相手です。

そんなヒポエステスにも、実は花言葉があります。

葉の下に隠れてしまいほとんどわからないんですが、小さな花を咲かせます。

花言葉は、【すべての人々への優しさ】【美の秘密】

風水的には、「人の気持ちをリラックスさせる」意味があるそうです。

可愛らしくもあり、品性すら感じる美しさをも持ち合わせているヒポエステスにぴったりですね。

漆黒に浮かび上がるネオンのように美しいヒポエステスのスマホケースで、一風変わったボタニカルなおしゃれを演出します。

大人の女性の品格だけでなく、男性にもおすすめできるアイテムです。

いつまでも見ていて飽きない葉脈の美しさ。

アートフォトのスマホケース「False Flower」で、絶対に人と被らない自分だけのおしゃれで春を愉しんではいかがでしょう?